えっちゃんの中国美大日記 第5回「新入生、きたる!入学祭!!」

えっちゃん5

dotline

■とにかく人が多い
朝に寮の一階にでると珍しく人がいっぱい。先生もテーブルもずらり、何事かと覗いてみると新入生が来る日と判明!
外の校内も新入生歓迎のスローガン、看板が掲げられ、学校は新入生歓迎ムード一色!

図1 学校の様子

新入生は今日来て何をするかというと、校内の芝生の前にあるそれぞれの科のテントに自分の合格書と、身分証明書を持って手続きをする。そこで先輩が手続きをし、食堂カードなどを渡してくれる。

図2 校内にあるテントで先輩が書類を配っている


図3 造型学院のテント

■留学生は……
ちなみに留学生はというと、学校内にある留学生寮の一階にて手続きが行われる。先生は英語がぺらぺらだし、いざ英語ができなくても日本人の在校生がいるから大丈夫!

図4 留学生寮の様子

■ケータイも学内で買える
校庭にはケータイ屋さん、中国大手の中国聨通と中国移動の即席販売店もある。100元分の電話代を払えばUSBカード、200元なら携帯の充電器、500元でなんと自転車もくれるサービスが!それに電話代を払えば携帯をプレゼントしてくれるものもあるので便利!

図5 中国移動のテント

■日用品も問題なし!
また、学生スーパーが屋外に商品を置いて布団からキッチン道具まで売り出すので、基本的なものはすぐに購入できる。

図6 屋外スーパー1


図7 屋外スーパー2

ぐるっとまわってまた一年、原点。

 

バックナンバー

えっちゃんの中国美大日記 第1回「彫塑中国展レポート その1」
えっちゃんの中国美大日記 第2回「彫塑中国展レポート その2」
えっちゃんの中国美大日記 第3回「李叔同展覧会の方々とお食事会」
えっちゃんの中国美大日記 第4回「修復の翻訳をしにいく」
えっちゃんの中国美大日記 第5回「新入生、きたる!入学祭!!」
えっちゃんの中国美大日記 第6回「食堂事情」

江上 越(Egami Etsu)
1994年千葉市生まれ。千葉県立千葉高校卒業後、2012年中国最難関の美術大学・中央美術学院の造型学院に入学。制作と研究の日々のかたわら、北京のアートスポットを散策する。ここでは北京のアート事情、美大での生活などをレポートしてもらう。