えっちゃんの中国美大日記 第50回「中央美術学院学部卒業展」

えっちゃん5 dotline

作品数約2000点の卒業展
中央美術学院にて卒業展がはじまりました。
中央美術学院では付属美術館である中央美術学院美術館を全面的に生徒に提供し、それだけでなく、校史館、教学展示会場、デザイン棟などあわせて9000㎡の場所を全面的に生徒に提供しています。あわせて877名の生徒が卒業し、およそ2000作品が一挙公開されます。

ちなみに、みなさんの応援もあり、このたび私の作品《往返于声波和光波之间/Between the light wave and sound wave》
が依恋優秀卒業作品賞を受賞し、展示作品が中央美術学院美術館に買い上げ、収蔵されました。

会場風景 油絵科の様子 左は江上越の作品《往返于声波和光波之间/Between the light wave and sound wave》 中央美術学院美術館 Central Academy of Fine Arts Art Museum

会場風景 油絵科の様子 左は江上越の作品《往返于声波和光波之间/Between the light wave and sound wave》 中央美術学院美術館 Central Academy of Fine Arts Art Museum



会場内には先生も多くきています。

会場内には先生も多くきています。



版画科の様子 手前は陳銘威の作品 木版画や石版画、銅版画など版画が目立つ

版画科の様子 手前は陳銘威の作品 木版画や石版画、銅版画など版画が目立つ



油絵科の様子

油絵科の様子



幕のなかでは
実は展覧会の搬入期間は3日間のみ。初日は作品を置いて、先生方が場所を決めたあとが大変。最後の2日間で搬入業者や美術館のスタッフの方と作品をかけ始めたり、ライトを調整したりします。私の作品はなんと128枚!一枚一枚赤外線の機械を用いて飾りつけをするのでとにかく大変、徹夜での作業でした。私以外にも特にインスタレーションの作品はその場で空間を利用しながら展示しなくてはいけないので、とても地道で大量な作業。とにかく私の作品をやり終えたら、インスタレーションの友人の作品を手伝う、気づいたら朝の4時、というような状況でした。

大盛況の初日
中央美術学院は中国で一番の美大なので、おのずと卒業展には多くの人が見に来ます。初日は人が多すぎて、警備員が人数を制限するほどでした。特に大学の近くにある小学校やインターナショナルスクールなど小さい子供たちが来てくれたことは、私にとってとても嬉しいことでした。子供のリアクションとか、作品に対する見方はおもしろくて、コミュニケーションができました。

装置が3度破壊される
私の作品は「音と形の内在関係」「コミュニケーションとはなにか」をテーマにしているので、プロジェクトの参加者のポートレート以外にも、音のインスタレーションがあり、観に来る人はみるだけではなく、聞きながら作品を感じることができます。
私は装置にスマートフォンを使っていたのですが、それが壊れてしまうハプニングがなんと3回あり、結果的に4つ携帯を買い換えることになってしまいました。
でもそこまでして私の作品に興味があって、触ってみたいという人がいてくれたことは、とても嬉しいことでもあり、また展覧会の場でもコミュニケーションし、サウンドウェーブとライトウェーブが広がるような気がしました。

版画科の様子 立体を作る人も

版画科の様子 立体を作る人も



20160609m2b4010c1

壁画科の様子 多くの材料をつかった作品が目立つ

壁画科の様子 多くの材料をつかった作品が目立つ



油絵科 第一工作室の様子

油絵科 第一工作室の様子



城市設計科(都市デザイン科)の様子 には絵本学科の作品がズラリ!

城市設計科(都市デザイン科)の様子 には絵本学科の作品がズラリ!

彫刻科の様子

彫刻科の様子



実験芸術科の様子 伝統的な中国の布人形を拡大しベッドに

実験芸術科の様子 伝統的な中国の布人形を拡大しベッドに



また学校内で夜に卒業祭も行われ、校内にはライトアップが。多くの催しが行われました。

また学校内で夜に卒業祭も行われ、校内にはライトアップが。多くの催しが行われました。



学部卒業展にはメディアの方も多く取材にきていて、CCTV(中央テレビ局)書画チャンネルの記者に話しかけられ、取材をうけました。

中)CCTV(中央テレビ局)書画チャンネルの記者 (左)江上越

中)CCTV(中央テレビ局)書画チャンネルの記者 (左)江上越



また卒業展には多くの方が見に来てくださいました。本当にありがとうございます!

靳尚谊もと学長、 范迪安学長、马璐先生も学部卒業展を見に来ました。

靳尚谊もと学長、 范迪安学長、马璐先生も学部卒業展を見に来ました。

展覧会搬入中に進度を確認しに范迪安学長(中)、馬璐教授(左から二番目)などがいらっしゃいました。

展覧会搬入中に進度を確認しに范迪安学長(中)、馬璐教授(左から二番目)などがいらっしゃいました。



大学院の指導教授劉小東先生と江上越

大学院の指導教授劉小東先生と江上越



右はアート北京アートディレクターの金島隆弘さん 左はアート北京スタッフの王子さん

右はアート北京アートディレクターの金島隆弘さん 左はアート北京スタッフの王子さん



右は建築科の丁園教授と江上越

右は建築科の丁園教授と江上越



徐冰教授と江上越

徐冰教授と江上越



烏鎮ビエンナーレ ArtWuzenの主任キュレーター馮博一さんと江上越

烏鎮ビエンナーレ ArtWuzenの主任キュレーター馮博一さんと江上越



音の部分を聞いてもらい、プロジェクトに参加してもらいました。

音の部分を聞いてもらい、プロジェクトに参加してもらいました。

彫刻科の隋建国教授と江上越

彫刻科の隋建国教授と江上越



子供たちにもmislistening language gameに参加してもらいました。

子供たちにもmislistening language gameに参加してもらいました。



なんと尼さんが!私の音の作品を目を閉じてずっと聞いていました。もしや瞑想!?

なんと尼さんが!私の音の作品を目を閉じてずっと聞いていました。もしや瞑想!?



油絵科の王玉平先生と江上越

油絵科の王玉平先生と江上越



コレクターの張鋭と奥様のSuzan

コレクターの張鋭と奥様のSuzan



彫刻科の姜傑先生と江上越

彫刻科の姜傑先生と江上越



江上越 音の作品部分

江上越 音の作品部分



江上越 作品局部

江上越 作品局部



作品を聞いてくれる子供たち

作品を聞いてくれる子供たち



中央美術学院美術館入り口

中央美術学院美術館入り口



国画科の様子 インスタレーションにいどむ学生もいます。

国画科の様子 インスタレーションにいどむ学生もいます。



実験芸術科のスペース

実験芸術科のスペース



デザイン科の様子

デザイン科の様子



中央美術学院美術館(CAFAM)の外観 青空がまぶしい!

中央美術学院美術館(CAFAM)の外観 青空がまぶしい!




中央美術学院学部卒業展
会期:2016年6月8日~6月26日
会場:中央美術学院美術館Central Academy of Fine Arts Art Museum
 (北京市朝陽区花家地南街8号)