えっちゃんの中国美大日記 第48回「若手アーティスト展世界を巡回:樹美術館にて」

えっちゃん5 dotline

「繁星計画」展
北京の樹美術館(ARTTREES MUSEUM)にて2016年3月31日に若手有力アーティストによる「繁星計画」展が始まった。

中国では若手アーティストを発見し、展示、サポートをする機関がますます増えている傾向にあり、この美術館も然りである。
「繁星計画」は樹美術館による2012年から毎年おこなわれている若手有力アーティストを選び作品を展示するもので、今年は中国政府の国家芸術基金伝播交流プロジェクトに選ばれた。

日中韓米国を巡回展
北京で展示後、上海、天津、日本、アメリカのマイアミ、韓国などを回る大規模な巡回展である。私もこのたびの最年少の参加アーティストとして選ばれました。

ベネチアビエンナーレのキュレーターが企画
今回のキュレーターは王春辰(中央美術学院の教授で、第55回ベネチアビエンナーレの中国館のキュレーションを務めた人でもある。)で、学術を担当。美術館館長の張航、出品人の劉霞、中央美術学院芸術管理院院長の余丁もレセプションに出席。
今回は学術委員会、審査委員会が56名のアーティスト、映像、彫刻、絵画、インスタレーションも含め、175の作品を選んだ。レセプションは18:30から20:00と美しいライトアップが美術館と池をあて、賑やかで美しい夜となった。

ドキュメンタリー出演!?
今回私の作品に興味をもってくださったある監督が私のドキュメンタリーを作ってくださることになりました。お楽しみに!

樹美術館の池の前で開幕式の様子

樹美術館の池の前で開幕式の様子



美術館には多くの人が!

美術館には多くの人が!



2階から見る美術館1階の様子

2階から見る美術館1階の様子



人が多く集まっています。

人が多く集まっています。



参加アーティスト江上越の作品

参加アーティスト江上越の作品



参加アーティスト、夏晶星の作品

参加アーティスト、夏晶星の作品



2016.4.3 若手アーティスト展世界を巡回 2-756

作品の前で キュレーターの王春辰(左)と参加アーティスト江上越(右)

作品の前で キュレーターの王春辰(左)と参加アーティスト江上越(右)



私の作品の前で、中央美術学院芸術管理院長の余丁教授(右)と一緒に

私の作品の前で、中央美術学院芸術管理院長の余丁教授(右)と一緒に



参加アーティストと来賓の方とともに。

参加アーティストと来賓の方とともに。



2016.4.3 若手アーティスト展世界を巡回 2-854


「繁星計画」展 
展示会場:樹美術館(ARTTREES MUSEUM)
キュレーター:王春辰
住所:北京市通州区宋荘鎮芸術東区樹美術館
会期:2016年4月1日から5月9日
休館日:月曜日