えっちゃんとらいちゃんの中国レポート 第16回「清華大学博物館から私の共著が出版されました」

etsulai

清華大学博物館から私の共著が出版されました

この度中国清華大学博物館(Tsinghua University Art Museum)から私の共著「織り交わる眼差し―西洋絵画500年」が出版されました。原題は“交织的目光-西方绘画500年”です。

西洋絵画史の500年を濃縮した重要な書籍なので、中国清華大学博物館、上海書画出版社ともにとても力を入れ、出版に至るまで長い月日がかかり、ようやく出版されました!

監修は中国清華大学博物館杜鵬飛副館長(杜鹏飞)、北京大学美術学院彭峰院長(彭峰)、作家で評論家の陳丹青(陈丹青)先生らとの共著となっております。西洋絵画500年をいかに振り返るのか、私たちはそこから何がみえてくるのか、作者それぞれの角度で論じています。私は東洋人にとっての洋画とは何を意味するのか、可能性はどこにあるのか、日本近代洋画をテーマに最後の章として「西画东渐——日本近代油画的启示」を書いています。

上海ブックフェア2020では上海書画出版社王立翔社長が推薦する必読の10冊として紹介されています。出版社、博物館、多くの協力をしてくださった方々本当にありがとうございました。中国語ですが、興味のある方はぜひご覧ください。

江上越共著「織り交わる眼差し―西洋絵画500年」ⒸEtsuEgami

江上越共著「織り交わる眼差し―西洋絵画500年」 ⒸEtsuEgami

江上越共著「織り交わる眼差し―西洋絵画500年」 ⒸEtsuEgami

My co-author “A Joint of VIsion —-500 years of Western painting” was published from the Tsinghua University Art Museum.

It has been a long time since it became an important publication that concentrated 500 years of the history of the western painting with the Tsinghua University Art Museum and Shanghai calligraphicpublisher, and it was finally published.

The supervisor has been co authored by the vice president of Tsinghua University Art Museum Du PengFei(杜鹏飞), Director of Pekin University arts and culture department PengFeng(彭峰), and the writer Chen Dan Qing (陈丹青). We look back on the 500 years of western paintings, and what we can see from the angle of each author?

I’m writing about the last chapter of this book, art history of Japanese oil painting. I am wondering what is the possibility and meaning of western paintings for oriental people?

In Shanghai book fair 2020, it is introduced as the Top 10 recommended by the president of Shanghai publishing company Wang LiXiang. Thank you very much for the people who had done a lot of cooperation with the publisher, the museum. If you are interested please take an look!