由良薫子 《ものくろ妖怪染付茶碗「窓」》

*
*
*
*
*
*
*
*
商品検索
最新号より
ネクストブレイク1-22
ネクストブレイク23-39
ネクストブレイク40-58
ネクストブレイク59-66
小林敬生 最新作
人気作品と連載の作品
HANGA 明日の星たち
HANGA 明日の星たち St.2
ロングセラーのマルチプル
川口喜久雄のシルエット工場
久保裕子の石文鎮
復刻浮世絵
広重「魚づくし」 全20点
広重「花と雨の絵」 全22点
広重「雪の絵」 全20点
広重「月の絵」 全20点
HOME 最新号より一覧 ネクストブレイク40-58一覧 商品詳細
買物カゴを見る
由良薫子 《ものくろ妖怪染付茶碗「窓」》

撮影:山畑俊樹




商品名: 由良薫子 《ものくろ妖怪染付茶碗「窓」》
商品番号: 21120052
販売価格:

\51,600

消費税: \4,690 内税
規格: H7×14.8×14.8cm 陶 共箱付

商品詳細
「何かいるかもしれない」……
あの頃の予感溢れる陶作品


 昨年11月、ギャラリー花影抄での初個展に並んだ陶根付の数々を見た瞬間、魅了された。生き物のありようをツボをおさえたミニマルなフォルムに落とし込む造形力。あまりに自然すぎて、超絶技巧レベルなのを忘れるほどの色絵の手わざ。これは凄い才能だ、と心躍った。果たして出品作14点は完売となった。
 今年4月、日本橋三越で開催された個展では「妖怪」をテーマにした茶碗やぐい呑み、徳利などがズラリ。何種類もの釉薬を幾層も重ねて絶妙な色彩を生み出す技量と、そこに細密な絵付けを加えて異界の存在を見立てるセンスに、またまた魅了された。71点がやはり完売した。
 庭先や道端で、あるいは部屋の片隅で、いつも何かと出会う予感に胸膨らませていた子どもの頃。その時の気持ちを思い出させてくれる由良作品は、これからもますます多くの人々を魅了していくはずだ。

ゆら・かおるこ
兵庫県生まれ。2015年武蔵野美術大学卒業。18年多治見市陶磁器意匠研究所卒業。19年金沢卯辰山工芸工房陶芸工房入所。17年岩国ビエンナーレ2017錦の宴酒器部門優秀賞受賞。20年ギャラリー花影抄、21年日本橋三越、ギャラリー宙で個展開催。

展示予定
12月4日〜 19日・ギャラリー数寄(愛知)「干支寅展 ア
ニマル展[」に出品/ 12月22日〜 27日・日本橋三越本店「2021酒器展」に出品/ 2022年1月8日〜 16日・画廊文錦堂(岐阜)「酒器展2022」に出品

この作品は美術誌「月刊美術」との連動企画です。作品の応募は2021年12月10日を締め切りとしてご応募を受け付け、応募多数の場合は抽選いたします。
締切日を過ぎても作品についてのお問合せは承りますが、販売不可の場合や価格が変動することもあります。



注文数を入力し、「買い物カゴに入れる」をクリックして下さい。
注文数
このページの先頭へ
HOME 最新号より一覧 ネクストブレイク40-58一覧 商品詳細
買物カゴを見る