関紀子 《焼きそばとフランクフルト》

*
*
*
*
*
*
*
*
商品検索
最新号より
ネクストブレイク1-22
ネクストブレイク23-39
ネクストブレイク40-58
ネクストブレイク59-66
小林敬生 最新作
人気作品と連載の作品
HANGA 明日の星たち
HANGA 明日の星たち St.2
ロングセラーのマルチプル
川口喜久雄のシルエット工場
久保裕子の石文鎮
復刻浮世絵
広重「魚づくし」 全20点
広重「花と雨の絵」 全22点
広重「雪の絵」 全20点
広重「月の絵」 全20点
HOME 最新号より一覧 ネクストブレイク40-58一覧 商品詳細
買物カゴを見る
関紀子 《焼きそばとフランクフルト》



商品名: 関紀子 《焼きそばとフランクフルト》
商品番号: 21120045
販売価格:

\33,000

消費税: \3,000 内税
規格: H6.0×4.8×4.8cm エポキシ樹脂、樹脂粘土、ワイヤー

商品詳細
昭和世代のハートを掴む
手のひらサイズの記憶の標本


 SNSで知り、小誌編集部員が一目惚れした立体作家。作品のコンセプトは、頭の中から取り出した〈記憶の標本〉。手のひらにのるほどのサイズと、記憶を封じ込めるというユニークな発想に惹かれ、思わず財布の中身を確かめた。
「記憶はナマモノであり、いつかは消えてしまうもの。でもあの時の思い出を残しておきたい。その手段として頭の中の記憶の物たちをレジンに閉じ込め標本として残しました」
 1997年生まれの若手にもかかわらず、麻雀牌やら餃子やら、鉄製のドアやら、懐かしさを伝える風景まであって、昭和世代のハートもがっちり。〈大切な思い出は写真や映像にとどめておくもの〉という一般人の常識を、軽々と打ち破るセンス。脱帽です。

せき・のりこ
1997年東京都生まれ。2020年武蔵野美術大学造形学部空間演出デザイン学科卒業。21年 個展「記憶の標本展示場」(REIJINSHA GALLERY・東京)。現在、東京都にて制作。

この作品は美術誌「月刊美術」との連動企画です。作品の応募は2021年12月10日を締め切りとしてご応募を受け付け、応募多数の場合は抽選いたします。
締切日を過ぎても作品についてのお問合せは承りますが、販売不可の場合や価格が変動することもあります。



注文数を入力し、「買い物カゴに入れる」をクリックして下さい。
注文数
このページの先頭へ
HOME 最新号より一覧 ネクストブレイク40-58一覧 商品詳細
買物カゴを見る