村上仁美 《私を導く私の光》

*
*
*
*
*
*
*
*
商品検索
最新号より
ネクストブレイク1-22
ネクストブレイク23-39
ネクストブレイク40-58
ネクストブレイク59-66
立体のいま
人気作品と連載の作品
HANGA 明日の星たち
HANGA 明日の星たち St.2
ロングセラーのマルチプル
川口喜久雄のシルエット工場
久保裕子の石文鎮
復刻浮世絵
広重「魚づくし」 全20点
広重「花と雨の絵」 全22点
広重「雪の絵」 全20点
広重「月の絵」 全20点
HOME 最新号より一覧 立体のいま一覧 商品詳細
買物カゴを見る
村上仁美 《私を導く私の光》

商品名: 村上仁美 《私を導く私の光》
商品番号: 21090004
販売価格:

\253,000

消費税: \23,000 内税
規格: H40×W24×D17cm 陶 2020年

商品詳細
「魂の器としての身体」に相応しい陶

 彫刻を志したきっかけは、土から人間を作り出した創世記神話の神への憧れでした。釉薬の複雑な輝き・色味を自分の作品に取り入れたいと思い、大学院を休学して窯業学校でより専門的な技術を学びました。土と釉薬について学ぶことを目的にしていましたが、ロクロ引きや型鋳込み等の技術にも触れ、表現の幅がよ
り自由なものとなりました。儚い肉の記憶・心の形を永遠に留めおく「魂の器としての身体」を作り出すのに、焔によってやわらかい土を焼き締める陶の素材こそが相応しいと窯業学校で器について学ぶ日々の中で確信しました。
 制作は滅びゆく肉体・移りゆく心が嘘偽りなく確かにここに在ったということを作品として残すことに向かっています。また、陶の領域は生活雑器から建築までに及ぶ豊かな広がりがあります。ミクロからマクロまであらゆるスケールでイマジネーションを形にしていくことが目標です。

むらかみ・ひとみ
1990年大阪府出身。2013年愛知県立芸術大学美術学部美術科彫刻専攻卒業、16年愛知県立瀬戸窯業高等学校セラミック陶芸専攻科卒業、17年愛知県立芸術大学大学院美術研究科彫刻領域修了。17年愛知県立芸術大学修了制作優秀作品賞など受賞多数。13年より個展、グループ展及び海外アートフェアなど多数。

近年ではアジア圏のアートフェアに出品し海外のコレクターからも注目されている村上仁美。火と土という原始的な表現『陶』によって、魂と身体の関わりを表現している。本作は内なる声と宇宙の共鳴がテーマ。

この作品は美術誌「月刊美術」との連動企画です。作品の応募は2021年9月10日を締め切りとしてご応募を受け付け、応募多数の場合は抽選いたします。
締切日を過ぎても作品についてのお問合せは承りますが、販売不可の場合や価格が変動することもあります。



注文数を入力し、「買い物カゴに入れる」をクリックして下さい。
注文数
このページの先頭へ
HOME 最新号より一覧 立体のいま一覧 商品詳細
買物カゴを見る