宮本承司《復活》

*
*
*
*
*
*
*
*
商品検索
最新号より
木版画ニューエイジ01-30
〈今月の作家〉 藤野今日子
木版画ニューエイジ31-61
人気作品と連載の作品
HANGA 明日の星たち
HANGA 明日の星たち St.2
ロングセラーのマルチプル
川口喜久雄のシルエット工場
久保裕子の石文鎮
復刻浮世絵
広重「魚づくし」 全20点
広重「花と雨の絵」 全22点
広重「雪の絵」 全20点
広重「月の絵」 全20点
HOME 最新号より一覧 木版画ニューエイジ31-61一覧 商品詳細
買物カゴを見る
宮本承司《復活》

商品名: 宮本承司《復活》
商品番号: 21050034
販売価格:

\16,500

消費税: \1,500 内税
規格:  2020年 20×24cm 水性木版 ed.11

商品詳細
ユーモアと魅力溢れる「食べもの」

 宮本承司さんは、単純な技法なのに自分の思い通りにならない木版画に「常に新鮮な発見ができるのでは?」という予感を持った。
「好きなのは摺りの作業です。版木に絵具を塗り広げていると、水分が染み込んで、木の生命が少しよみがえるような気がします。そうして版の力を借りながら一版一版色を摺り重ねていると、絵が自分の手を離れていく感覚があります。思いついたイメージをうまく手放せたとき、一番満足感を覚えます」
 そのイメージとは、寿司など食べものをモチーフにして拡がっていく。なかにはクスッとした笑いを誘うものある。
「食べものは身近な存在ですが、それゆえに注視されず、形や色の魅力が十分に感知されていません。木版画は形や色を版に分解して再構成するので、見過ごしていた食べ物の持つ魅力を引き立たせるのにうってつけなのです」
 寿司がひっくり返って《しす》になると、オブジェ?と思う姿に変身。宮本さんのひと工夫はシンプルで、奥深い。


みやもと・しょうじ
1988年大阪府生まれ。2010年大阪芸術大学芸術学部美術学科版画コース卒業。15年CWAJ現代版画展60周年記念大賞展奨励賞、19年アワガミ国際ミニプリント展審査員賞、ほか受賞多数。11年から個展活動。現在、アトリエ凹凸版画工房講師、大阪芸術大学版画コース講師。

この作品は美術誌「月刊美術」との連動企画です。作品の応募は2021年5月10日を締め切りとしてご応募を受け付け、応募多数の場合は抽選いたします。
締切日を過ぎても作品についてのお問合せは承りますが、販売不可の場合や価格が変動することもあります。

注文数を入力し、「買い物カゴに入れる」をクリックして下さい。
注文数
このページの先頭へ
HOME 最新号より一覧 木版画ニューエイジ31-61一覧 商品詳細
買物カゴを見る