水口かよこ《のうぜんかずら》

*
*
*
*
*
*
*
*
商品検索
最新号より
木版画ニューエイジ01-30
〈今月の作家〉 藤野今日子
木版画ニューエイジ31-61
人気作品と連載の作品
HANGA 明日の星たち
HANGA 明日の星たち St.2
ロングセラーのマルチプル
川口喜久雄のシルエット工場
久保裕子の石文鎮
復刻浮世絵
広重「魚づくし」 全20点
広重「花と雨の絵」 全22点
広重「雪の絵」 全20点
広重「月の絵」 全20点
HOME 最新号より一覧 木版画ニューエイジ31-61一覧 商品詳細
買物カゴを見る
水口かよこ《のうぜんかずら》

商品名: 水口かよこ《のうぜんかずら》
商品番号: 21050032
販売価格:

\35,000

消費税: \3,181 内税
規格: 2020年 40×25cm 水性木版 ed.13 (額付)

商品詳細
素材の温かみ、和紙をめくるときのドキドキ感

 普段目にしている風景であるはずなのに、静寂漂う不思議な光景となって現れる水口かよこさんの作品世界。見慣れた光景が印象を変える秘密は、木版特有の質感を生かすことにある。
 美大では銅版画への興味から版画を専攻したが、木版画の先輩の作品がきっかけで方針転換。色味豊かで美しいグラデーション、和紙と木のもつ温かみのある質感にとても魅力を感じたという。
「一番の魅力は筆では表現できない独特の質感。和紙や使う絵具や墨の種類、摺りの際にバレンにこめる力具合や水分量によって全く違う質感が現れます。そこが奥深く難しいと感じるところであり、逆に言えば自由が利かないということ。制約のあるなかで、摺ってみないとどのように仕上がるか分からない。摺って和紙をめくるときのドキドキ感も私にとっての版画の魅力の一つになって
います」
 現在は鳥と少女をモチーフに、背景や少女の衣服の中にテキスタイルデザインを取り入れた作品を制作。木版の質感とドキドキ感を新しいテーマで広げようとしている。

みずくち・かよこ
1982年大阪府生まれ。2005年京都市立芸術大学美術学部版画専攻卒業。13年美術新人賞「デビュー2013」奨励賞、同年セミナリヨ版画展南島原市長賞(15年南島原市議会議長賞)。07年から個展活動。20年〈アーティストからメダリストへの贈り物─ビクトリーブーケ展〉出品(東京・佐藤美術館)。

この作品は美術誌「月刊美術」との連動企画です。作品の応募は2021年5月10日を締め切りとしてご応募を受け付け、応募多数の場合は抽選いたします。
締切日を過ぎても作品についてのお問合せは承りますが、販売不可の場合や価格が変動することもあります。

注文数を入力し、「買い物カゴに入れる」をクリックして下さい。
注文数
このページの先頭へ
HOME 最新号より一覧 木版画ニューエイジ31-61一覧 商品詳細
買物カゴを見る