鈴木敦子《たゆたう》

*
*
*
*
*
*
*
*
商品検索
最新号より
木版画ニューエイジ01-30
〈今月の作家〉 藤野今日子
木版画ニューエイジ31-61
人気作品と連載の作品
HANGA 明日の星たち
HANGA 明日の星たち St.2
ロングセラーのマルチプル
川口喜久雄のシルエット工場
久保裕子の石文鎮
復刻浮世絵
広重「魚づくし」 全20点
広重「花と雨の絵」 全22点
広重「雪の絵」 全20点
広重「月の絵」 全20点
HOME 最新号より一覧 木版画ニューエイジ01-30一覧 商品詳細
買物カゴを見る
鈴木敦子《たゆたう》

商品名: 鈴木敦子《たゆたう》
商品番号: 21050004
販売価格:

\48,400

消費税: \4,400 内税
規格: 2020年  30×22.5cm 水性木版 ed.13

商品詳細
作品の〈声〉を届けられるように

 自らを「表現形式に『絵』という方法をとっている詩人」と称したの
は、現代木版画に大きな影響を与えた清宮質文。その作品に影響を受けて詩的・文学的な作品を描き、根強いファンに支持されているのが鈴木敦子さん。まるで本の中のワンシーンを作品にしたかのような、物語性の高いイメージの紡ぎ手だ。
 学生時代は油絵を描いていたという画家は、プレス機や特別な画材を必要としない木版画は、広い場所も必要とせず、自宅で気軽に取り組めることが魅力と語る。細切れの時間を有効に使って彫りの作業ができること、そして同じ作品が複数枚できることも、油画にはない利点とも。
「さらに、版を洗えば同じ版でも色を変えてまた別の作品として制作できます。その洗った版にのせる色も重ねる順番や回数、絵具の濃度によっても随分と変わります。木目やボカシを利用した繊細な作品や彫り跡を生かした力強い作品や素朴な作品など、木版画は表現の幅がとても広いと思うのですが、同じ工程で制
作しても作り手によってまったく異なる作風になるところも興味深いと思います。それらに共通して言えるのは木と和紙という素材を使用する為、木版作品の根底には温かみがあると思います。その体温のような温かさが好きで長く続けてこられたように感じています」
 自分の作品から発せられる〈声〉は決して大きくはない。ただ、その〈声〉を何処かで誰かが見つけ、そして作品を通して話すことができれば嬉しい、と鈴木さん。木版の持つ温かさと作品の〈声〉を届けられるよう、日々制作したいと願っている。

すずき・あつこ
1968年愛知県生まれ。91年初個展。96年鹿沼市立川上澄生美術館木版画大賞準大賞。05年詩画集「午後の光(詩:垣内磯子)」刊行。記念展が全国巡回。12年「2003〜 2012全作品集」不忍画廊より刊行。13年須坂版画美術館「─清宮質文さまへ─」二人展。瀬戸内市立美術館「この空の向こう−金子みすゞの世界を詠う−鈴木敦子展」開催。個展、グループ展多数。

この作品は美術誌「月刊美術」との連動企画です。作品の応募は2021年5月10日を締め切りとしてご応募を受け付け、応募多数の場合は抽選いたします。
締切日を過ぎても作品についてのお問合せは承りますが、販売不可の場合や価格が変動することもあります。

注文数を入力し、「買い物カゴに入れる」をクリックして下さい。
注文数
このページの先頭へ
HOME 最新号より一覧 木版画ニューエイジ01-30一覧 商品詳細
買物カゴを見る