宮本承司 《寿司・日の出》

*
*
*
*
*
*
*
*
商品検索
最新号より
立体のいま
人気作品と連載の作品
HANGA 明日の星たち
HANGA 明日の星たち St.2
ロングセラーのマルチプル
川口喜久雄のシルエット工場
久保裕子の石文鎮
復刻浮世絵
広重「魚づくし」 全20点
広重「花と雨の絵」 全22点
広重「雪の絵」 全20点
広重「月の絵」 全20点
HOME 人気作品と連載の作品一覧 HANGA 明日の星たち St.2一覧 商品詳細
買物カゴを見る
宮本承司 《寿司・日の出》

商品名: 宮本承司 《寿司・日の出》
商品番号: 20111001
販売価格:

\41,800

消費税: \3,800 内税
規格: 33×45cm 木版 ed.7 額付

商品詳細
寿司×木版画というジャパネスク

野口玲一


 初めて観たときには驚いた。寿司が何の脈絡もなく現れたからだ。明治洋画のフロンティア高橋由一に豆腐、焼豆腐に油揚げを描いた絵があって、唖然とさせられたことがあるが、それらは俎板に載っており、今にも調理される食材としてそこにある。食べ物を描くのが珍しいというのではない。17世期スペインでは「ボデゴン」というジャンルがあり、食にまつわる様々なメタファを表現する静物画として確立されていた。食品があるのは厨房であったり酒蔵であったり然るべき場所であり、そこにある必然は疑いようがない。浮世絵で寿司は数多く取り上げられているが、宴席での肴であるとか、店の宣伝のためといった目的があって、それ自体が静物として描かれているような例は思い浮かべることができない。宮本の描く寿司はぬっと現れて、何故それがそこにあるのか説明することをしない。それどころか空を飛んでいたり、動物と組み合わされたりしている。この出し抜けさが観る者に驚きを与えるのだ。
 寿司を取り上げるのは目の付け所が良いとも思う。ユネスコ無形文化遺産である日本食を代表する寿司を、浮世絵から続く伝統的な手法である木版で描く。この主題はジャパネスクな異国情緒をかき立てるモチーフでもあるし、日本人としてのアイデンティティも明確だ。戦略的に選んだ対象なのかと作家に尋ねてみたら、それは意識していないとはぐらかされてしまった。食べ物をシリーズとして描くうち、寿司の形や色のバリエーションの豊富さに魅せられ、それを展開してきたのだという。
 寿司が現れたのは唐突だと書いたが、その表現もストレートだ。どの作品でも対象がほぼ中央に据えられ、輪郭を用いず明快に画面が構成されている。グラデーションが巧みで、光の表現と色彩の透明感が際立つ。そこから生じる軽妙さが、ユーモラスな主題と相まって、驚きに止まらぬ魅力を与えているのである。(美術評論家)

みやもと・しょうじ
1988年大阪生まれ。2010年大阪芸術大学芸術学部美術学科版画コース卒業。同年、京展館長奨励賞。15年CWAJ現代版画展 60周年記念大賞展奨励賞、19年アワガミ国際ミニプリント展審査員賞ほか受賞多数。個展、グループ展多数。現在、アトリエ凹凸版画工房講師、大阪芸術大学版画コース講師。


この作品は美術誌「月刊美術」との連動企画です。作品の応募は2020年11月10日を締め切りとしてご応募を受け付け、応募多数の場合は抽選いたします。
締切日を過ぎても作品についてのお問合せは承りますが、販売不可の場合や価格が変動することもあります。

注文数を入力し、「買い物カゴに入れる」をクリックして下さい。
注文数
このページの先頭へ
HOME 人気作品と連載の作品一覧 HANGA 明日の星たち St.2一覧 商品詳細
買物カゴを見る