えっちゃんとらいちゃんの中国レポート 第15回「香港大館美術館にて展覧会をします」

etsulai

香港大館美術館にて展覧会をします
Etsu Egami’s work will be shown in Tai Kwun Museum

6月17日から香港の大館美術館(TaiKwun)での展覧会「Unscheduled」で私の作品が展示されています。香港にいらっしゃる方はぜひご覧ください。
There is my exhibition in Tai Kwun Museum in Hong Kong , Opening from 17th on June.Exhibition title “Unscheduled”

大館美術館(TaiKwun)は香港のセントラルに位置する美術館です。170年の歴史を持つ広大な敷地内には旧中央警察署、中央裁判所、ビクトリア監獄があり、新しいランドマークとして美術館にリニューアルされた現代アート美術館です。
大館美術館(TaiKwun)は2018年にUCCA現代アートセンターと合同で開催したツァオフェイ(曹斐)展、2019年に村上隆展を開催するなど現代アートに力を入れている美術館です。

Under the epidemic, Hong Kong’s art fairs Art Basel and Art Central HK announced the cancellation, and the Hong Kong Museum of Contemporary Art launched a new exhibition “Unscheduled”. This exhibition was jointly launched by the Grand Museum of Contemporary Art and the Hong Kong Museum of Art Association (HKAGA). The Hong Kong Pavilion Art Museum is the largest contemporary art museum in Hong Kong. It exhibited a retrospective exhibition of the Japanese international artist Takashi Murakami in collaboration with the Astrop Feinley Museum of Modern Art in 2019, and the Ullens Center for Contemporary Art (UCCA) in 2018. The retrospective exhibition of Chinese international artist Cao Fei, the group exhibition “Unable to Speak” in collaboration with the National Museum of Art in Japan in 2020.

香港大館美術館外観

今回の「UNSCHEDULED展」はインディペンデントキュレーターの郭応国、黄婉儀がキュレーションを担当し、展示内容は3章に分けられ企画されています。第一章、「距離を保つこと、曖昧なコミュニケーション」、第二章は「実験的探索」、第三章は「静けさ」です。

私の作品に関してキュレーター及び関連メディアは「江上越は絵画を通してコミュニケーションの岐義を描いている。日本の著名な美術評論家千葉成夫が述べたように、江上越の絵画は『エッセンス化、and/or 、抽象化 』であり、『一方で出来事のエッセンスを取り出し、他方で造型的には一種の抽象かの方法を援用する。この3つのことを同時に、同じ地平で、同じこととして絵画化しようという試みが、ここで始まっている。』
つまり、江上越の作品は新しい地平線から再考し、ポスト・ペインティングの始まりである。」と述べています。

コロナによって社会の現状、人間の本能を改めて考えさせられます。普通のコミュニケーションが障害となり、社会の変化が新たなコミュニケーションの方法を提示すると同時に、新しいズレの転位(誤視、誤聴)メカニズムが現れるかもしれない。私たちはいかにしてコロナウイルスと共存するのか。
世界的コロナという「大きな物語」の下で、微細な個人の記憶を新たに再考していきたい。

Unscheduled Exhibition
The “Unscheduled” exhibition launched by the Hong Kong Taikwun is a reflection of society and humanity brought by COVID-19. The exhibition is co-planned by local independent curators Guo Yingguo and Huang Wanyi. The exhibition structure is divided into three chapters. The first chapter is “intentionally keeping distance from others to avoid or interfere with the direct encounter with the theme”, the second chapter is experimental exploration, and the third chapter is to convey a “sense of tranquility”. Etsu Egami portrayed the ambiguity of communication on an abstract canvas. Chiba Shigeo, a famous Japanese art critic, talked about it. “Etsu Egami reconstructed the essence of abstract painting and the essence of social reality on a new horizon. Etsu Egami’s work is the beginning of POST-painting. “ Etsu Egami’s work visualizes the dislocation and distance in communication, and expresses it in painting. This theme seems to be very suitable for the current social situation called “post-epidemic” after the current epidemic. Jiang Shangyue talked about “epidemic let us rethink society The status quo, human instinct. Natural communication has become an obstacle, and changes in society have prompted us with new ways of communication, as well as the emergence of new dislocation (missight, mislistening) mechanisms. How can we coexist with the epidemic? Under the “big story” of the worldwide epidemic, the subtle personal memories are re-prompted. ”

江上越展示作品一部 《すれ違いの誘惑》ⒸEtsuEgami

TATLER HK誌面にてインタビューが掲載されました。
ⒸEtsuEgami

TATLER での掲載内容  ⒸEtsuEgami

メディア:アートアジアパシフィックでの紹介です。
http://artasiapacific.com/News/UnscheduledArtFairAimsToStimulateHongKongsArtScene?fbclid=IwAR0qKWwK6hQoMq2DGJa5F-z4QrgvWgbDBIq39DhJs2jWCglnBhte_1tuoKk

OCULAでの展覧会紹介記事に私の作品が掲載されました。 ⒸEtsuEgami

“Unscheduled”
オープニング:2020年6月17日
会場:
大館美術館(TaiKwun)
香港中環荷李活道10号
Hollywood Road, Central, Hong Kon10 Hollywood Road, Central, Hong Kon
開館時間:11:00-20:00