堀貴春 《白蟲・ポット》

*
*
*
*
*
*
*
*
商品検索
最新号より
ムシとアートの相似形
人気作品と連載の作品
HANGA 明日の星たち
ロングセラーのマルチプル
川口喜久雄のシルエット工場
久保裕子の石文鎮
復刻浮世絵
広重「魚づくし」 全20点
広重「花と雨の絵」 全22点
広重「雪の絵」 全20点
広重「月の絵」 全20点
話題の画集・作品集
坂口國男 油彩画作品集
HOME 最新号より一覧 ムシとアートの相似形一覧 商品詳細
買物カゴを見る
堀貴春 《白蟲・ポット》





商品名: 堀貴春 《白蟲・ポット》
商品番号: 19090006
販売価格:

\35,000

消費税: \2,592 内税
規格: 12.8×8.7×高さ14.2cm 白磁(鋳込み)

商品詳細
 9月号特集「ムシとアートの相似形(フラクタル)」では、新世代作家たちが昆虫をモチーフにした制作を行う上での思いをインタビュー。若手陶芸作家として注目される堀貴春もそうした一人としてクローズアップした。
「山や川での採集、自宅での飼育など、昆虫は沢山の知識やアイデアをくれる特別な存在。彼らからヒントをもらいながら日々作陶しています。
 常に心がけているのは『本物を尊重すること』。本物は今までの進化の重みという背景があるからこそ、形が、色が、美しいのであり、いくら表層を忠実に模刻してもそれを上
回ることはできない。だからこそ、その進化で形成された造形的な美しさや構造的な面白さなどを自分が一番好きなフォルムとしてリライトすることで、オリジナルの新種として本物が持つ背景を超える形を作り出したい、という挑戦をしています。
 自分がこだわりまくったフォルムだからこそ、白磁の冴えた緊張感で表現したい。この白だからこそ、造形が奥深い影を生み、流れるような光の反射を生むのです(堀)」
 そんな作家は、昆虫の要素を盛り込んだ白磁のテーブルウェアも展開する。カブトムシのフォルムやディティールを造形に活かしたこのポットは今年のテーブルウェア大賞を受賞した、話題の一品!

ほり・たかはる
1996年東京都生まれ。2016年金沢卯辰山工芸工房入所。18年金沢市工芸展金沢市長最優秀賞、19年テーブルウェア大賞大賞・経済産業大臣賞など受賞多数。18年山ノ上ギャラリー、ギャラリーDiEGOでの個展をはじめ、グループ展、国内外のアートフェア出品多数。



この作品は美術誌「月刊美術」との連動企画です。作品の応募は2019年9月10日(火)を締め切りとしてご応募を受け付け、応募多数の場合は抽選いたします。
締切日を過ぎても作品についてのお問合せは承りますが、販売不可の場合や価格が変動することもあります。

注文数を入力し、「買い物カゴに入れる」をクリックして下さい。
注文数
このページの先頭へ
HOME 最新号より一覧 ムシとアートの相似形一覧 商品詳細
買物カゴを見る