満田晴穂 《自在蟹型二股鍬形》

*
*
*
*
*
*
*
*
商品検索
最新号より
ムシとアートの相似形
人気作品と連載の作品
HANGA 明日の星たち
ロングセラーのマルチプル
川口喜久雄のシルエット工場
久保裕子の石文鎮
復刻浮世絵
広重「魚づくし」 全20点
広重「花と雨の絵」 全22点
広重「雪の絵」 全20点
広重「月の絵」 全20点
話題の画集・作品集
坂口國男 油彩画作品集
HOME 最新号より一覧 ムシとアートの相似形一覧 商品詳細
買物カゴを見る
満田晴穂 《自在蟹型二股鍬形》



商品名: 満田晴穂 《自在蟹型二股鍬形》
商品番号: 19090002
販売価格:

\648,000

消費税: \48,000 内税
規格: 10×7.5×4cm 銅、真鍮、青銅 箱付

商品詳細
 江戸〜明治期の名匠たちを凌駕する精度とクオリティを誇る「自在置物」を制作、国内外で評価が高まる満田晴穂は、美術界で屈指の昆虫博士。9月号特集「ムシとアートの相似形(フラクタル)」では、昆虫学者の丸山宗利氏との対談「自在置物でみる、『昆虫はすごい』」を収録、本作は、その中で紹介された最新作のひとつ。以下、同対談より。

丸山 クワガタにもいろいろいますけど、ブケットフタマタを選んだ理由は?
満田 以前、twitterで海外のクワガタ4種を挙げて反応を窺ったときにセアカが一番人気で、去年の個展で発表したんです。でも内心「ブケット作りたかったなぁ……」と思って
いて(笑)。それで4月のロンドン展用に制作したんです。
丸山 実物どおりに羽が開閉するのがまたすごいですね。
満田 初期に制作したクワガタは羽が閉じたままだったんです。でも「開くといいなぁ」という声が圧倒的に多くて、頑張って数年前から開閉可能な仕様を実現しました。
丸山 甲虫はそもそも「メカ感」が強いけど、金属の作品になってさらにそのカッコよさが増してますよね。そこでこう羽が開くと、さらに増しましな感じになりますね!
満田 ありがとうございます。そもそも日本に輸入されてる外国産クワガタは、選りすぐられたイケメンばかり。だから、制作していて「なんでこんなにイケメンなんだ!」ってなっちゃいます(笑)

みつた・はるお
1980年鳥取県生まれ。2008年東京藝術大学大学院修了。冨木宗行(好山派冨木家当主)に師事。毎年レントゲンヴェルケと日本橋三越とで交互開催する個展「JIZAI」での発表を中心に、「六本木クロッシング2013」(森美術館)、「驚異の超絶技巧! 明治工芸から現代アートへ」(三井記念美術館ほか)などの企画展にも出品多数。17年第8回創造する伝統賞受賞。


この作品は美術誌「月刊美術」との連動企画です。作品の応募は2019年9月10日(火)を締め切りとしてご応募を受け付け、応募多数の場合は抽選いたします。
締切日を過ぎても作品についてのお問合せは承りますが、販売不可の場合や価格が変動することもあります。

注文数を入力し、「買い物カゴに入れる」をクリックして下さい。
注文数
このページの先頭へ
HOME 最新号より一覧 ムシとアートの相似形一覧 商品詳細
買物カゴを見る