【丸山勉先生】「出来ない」と口にする前に、「どうしたら出来るか?」を考える


 

1)プロになりたいと決心したきっかけを教えてください。
・特に<これは!>というようなエピソードは無く、
気が付けばこの歳になっていました。

2)プロになるために心がけたことは?
・公募展等で、最低限の露出を担保する。
・運の無さそうな人、ネガティブな人には近づかない。
・尊敬できる先輩作家の画歴を調べる。自分の年齢と比較する。
・直接話しを伺える機会を作る努力をする。懇親会などに努めて参加する。
・20代で自分の制作に関してのグランドデザインやコンセプトメーキングを徹底的に検討する。
・その為に美術はもとより、科学や歴史、経済、サブカルチャー等エロ本から哲学書まで、読み漁る。
・制作の依頼は、極力断らない。
・学生時代の友人や年の近い絵の仲間に、自分の作品の批評をしてもらわない。
・必要がなければ、他人の個展に足を運ばない。
・自分が行こうとしている美術業界についても、時間をかけて理解する。

3)プロになる人間と、なれない人間の違いはどこにあると考えますか?
・運と才能があり努力をおしまない。
・孤独に強い。
・自分と向き合う勇気がある。
・気骨心、反骨心がある。
・とりあえず、筆を持ってる時間が長い。
・挨拶が出来る。
・場の空気を読むとか考えない。
・人の話を鵜呑みにしないで自分の頭で考える事が出来る。
・「出来ない。」と口にする前に「どうしたら出来るか?」を考える。

4)応募者に期待することは何ですか?

・自分にしか出来ない事、絵画でしか表現し得ない事、
その画材でしか出来ない表現をしっかり意識する。
・流行や情報に惑わされない作品。基礎や技法のしっかりした作品。

 

 




まるやま・つとむ 洋画家。
1963年生まれ。東京造形大学造形学部美術学科卒。
白日会会員。