えっちゃんの中国美大日記 第47回「ここにいながら、どこにもいない 元典美術館」

2016.4.32-448

「不在此地、不在別処」展 グローバル化する社会、東京であれ、北京であれ、私達は街の中に日頃いつでも外国人をも見ることができます。特に日本から北京にきた私にとっては自分も異邦人であり、不思議な感覚がします。そのような疑問、…

えっちゃんの中国美大日記 第46回「元典美術館:ボストン作家とのコラボレーション展」

2016.4.3元典美術館 MarkCooper展示 2-1211

国を超えたコラボレーション展 アメリカのボストン美術館美術大学の教授でもある、Mark Cooperさんと海外アーティストとのコラボレーション展「YuYu China Blue Mark Cooper」展が始まりました。…

えっちゃんの中国美大日記 第45回「中国の油絵の道を表す 「大家之路展」」

インタビューを受ける謝東明

国を超えたコラボレーション展 11月12日に中国美術館にて「大家之路」展がオープンした。参加芸術家は油絵では楊飛雲、謝東明、朝戈、段正渠、焦小健、劉建平、中国画では李宝林、叶毓中、范扬、田黎明、杨晓阳、卢禹舜などの12名…

えっちゃんの中国美大日記 第44回「日中芸術文化交流の新しい形:東京新画派展」

会場風景-1

日中芸術文化交流の新しい形:東京新画派展 東京新画派 日本にて制作を続ける在日中国系作家の「夢従東方来」東京新画派展が中国人民対外友好協会の主催で、10月19日に中国美術館にて開幕された。出品する作家は江屹、金醒石、里燕…

えっちゃんの中国美大日記 第43回「中国美術界の仕掛け人 第12弾:蘇新平:草原の魂を追求する芸術家」

広東美術館での蘇新平個展「有儀式的風景」

中国美術界の仕掛け人 第12弾:蘇新平:草原の魂を追求する芸術家 蘇新平 1960年内モンゴル生まれ 1988年中央美術学院版画科卒業後学校に残り先生に。現在中央美術学院副学長 89年に全国美術作品展にて銅賞、中国美術館…

えっちゃんの中国美大日記 第42回「中国台湾の版画から見る日本」

展覧会会場

中国台湾の版画から見る日本 福建省師範大学美術学院にて「山高水長―周瑛回顧展及台湾現代作家展」が開催された。もともと福建省は港町ということで、外の世界へいく人がとても多く、例えば蔡国強も福建省の出身である。もちろん台湾と…

えっちゃんの中国美大日記 第41回「中国美術界の仕掛け人 第11弾:絵画の本質に挑戦、評価された現代アーティスト:劉小東」

左は奥様の喻红で中央美術学院油絵科の教授、右は劉小東

中国美術界の仕掛け人 第11弾:絵画の本質に挑戦、評価された現代アーティスト:劉小東 劉小東(Liu Xiao Dong) 1963年生まれ 中央美術学院油絵科第三工作室卒業後、大学にて現在教授、博士指導。1990年中国…

えっちゃんの中国美大日記 第40回「若手アーティスト320人!中国最大の展覧会:青年100 5周年!」

左はディレクターの彭玮

若手アーティスト320人!中国最大の展覧会:青年100 5周年! 青年100とは  最近中国では若手アーティストの活躍が顕著である。その重要な担い手のひとつに青年100がある。青年100は北京名泰文化会社が作っているプロ…

えっちゃんの中国美大日記 第39回「三人展―武芸・王玉平・劉慶和」

王玉平の平面作品

三人展―武芸・王玉平・劉慶和 壁画・油絵・中国画 異なる分野の共通点 非凡仕芸術FEEFAN’s ARTにて新しい展覧会「校尉胡同5号第一回展」が始まった、 今回の展覧会は中央美術学院の教授三人、武芸・王玉平・劉慶和によ…

えっちゃんの中国美大日記 第38回「新画廊オープンで二人展!隋建国《理物》× 申玲《浮生六記》」

隋建国作品《蔓》

新画廊オープン!-全く異なる2人の二人展 隋建国《理物》× 申玲《浮生六記》2人展 新画廊「会空間」 北京に新しい画廊「会空間」がオープンした。北京の798区域でも草場地でもなく、地下鉄の「亮馬橋」駅から歩いて5分のショ…