美術新人賞<デビュー >

【齋正機先生】”こうなったらいいなあ”ではなく”こうする”という覚悟を

  39歳の時に予備校の講師をやめて、絵を描くことを生業にする決意をしました。 やはり、協力してくれるパートナー、支えてもらえる画廊が 快く応援してくれる言葉がきっかけですね。 努力していたことは、若いころから…

【丸山勉先生】「出来ない」と口にする前に、「どうしたら出来るか?」を考える

  1)プロになりたいと決心したきっかけを教えてください。 ・特に<これは!>というようなエピソードは無く、 気が付けばこの歳になっていました。 2)プロになるために心がけたことは? ・公募展等で、最低限の露出…

【河嶋淳司先生】なりふりかまわず、描き続けること

プロと言っても、本当に絵だけでやっているプロはとても少ない。 教えたりしながらやっている人が、ほとんどかもしれない。 その本当のプロを目指すのは、かなり、しんどいと言っていい。 自分は、結果的に美術大学へ入れたことが大き…

美術新人賞<デビュー2013>

美術新人賞「デビュー」は、 プロの画家を目指す創り手のためにスタートした新たなコンクールです。 40 歳以下を対象に、日本画、洋画、現代アートなどの平面作品を募集いたします。 【2013年度公式サイトより】  …