美術新人賞 デビュー2014 入選作品

01財田翔悟「はこいり」グランプリ

  【グランプリ】 財田翔悟「はこいり」 S30、綿布にピグメント、岩絵具、透明水彩 【準グランプリ】 木村まどか「雨柳道」 M30、日本画 【準グランプリ】 土井沙織「フレンズ」 F30 ミクストメディア 【…

デビュー2014審査所感

1404sinsain

〜日本画作品の台頭に注目〜 出品者のキャリアと同様に実に多彩なジャンルの作品が出揃った第2回展。 本江邦夫(多摩美術大学教授)、立島惠(佐藤美術館学芸部長)の2氏に作家審査員から丸山勉氏(洋画家)が加わり、今回の印象、所…

第2回 美術新人賞デビュー2014 受賞者決定!

samune

本誌主催の絵画コンクール「美術新人賞デビュー」。今年はエントリー総数202件のご応募を頂き、その中から31点の入選作品が決定いたしました。ここでは、グランプリ、準グランプリ、入選作品をご紹介。沢山のご応募ありがとうござい…

リア魂に昨年の「第1回展 美術新人賞デビュー2013」受賞者も多数出品!

リア魂サムネ

リア魂REALISM COMPLEXとは、写実第3.1世代を中心にした20名弱のアートユニットです。 大阪・名古屋・渋谷から始まり、2013年の今年は大阪・名古屋・ドイツ・渋谷、2014年は、青山・大阪・名古屋・渋谷、2…

美術新人賞 デビュー2013 入選作品

SONY DSC

【グランプリ】 福田真規「フーガ」 F30油彩、キャンバス 【準グランプリ】 山本雄教「rainbow rice」 F20 鳥の子紙、パール顔料 【準グランプリ】 若佐慎一「獅子図」 S30 日本画 【奨励賞】 水口かよ…

【ミヤケマイ先生】自分を信じること、自分を疑うこと

ミヤケマイ先生

撮影:Nacasa&partners Inc / 繁田 諭 プロの作家というものは、志してなるものかどうなのかは 私にはわからないところがありますが、この道に入ったきっかけは 仕事との両立が出来なくなった事と現実…

【齋正機先生】”こうなったらいいなあ”ではなく”こうする”という覚悟を

齋正機先生

  39歳の時に予備校の講師をやめて、絵を描くことを生業にする決意をしました。 やはり、協力してくれるパートナー、支えてもらえる画廊が 快く応援してくれる言葉がきっかけですね。 努力していたことは、若いころから…

【丸山勉先生】「出来ない」と口にする前に、「どうしたら出来るか?」を考える

丸山勉先生

  1)プロになりたいと決心したきっかけを教えてください。 ・特に<これは!>というようなエピソードは無く、 気が付けばこの歳になっていました。 2)プロになるために心がけたことは? ・公募展等で、最低限の露出…

【河嶋淳司先生】なりふりかまわず、描き続けること

kawb

プロと言っても、本当に絵だけでやっているプロはとても少ない。 教えたりしながらやっている人が、ほとんどかもしれない。 その本当のプロを目指すのは、かなり、しんどいと言っていい。 自分は、結果的に美術大学へ入れたことが大き…